2009年07月01日

学級便り

声が出ない生活も、少しづつ終わりに近づいてまいりました。
今日は、君の声が聞こえる、と
朝、開口一番主人が申しました。
昨夜、主人にも、ステップサンにも、
病院に行った方が良い、と言われました。
ステップサンは、
朝10時に僕が連れていってあげる、と
言ってくれました。
私の自覚症状は、日毎に楽になっておりました。
熱は下がっておりましたし、
咳と鼻が出てしまう事と、
そして声が出ない事だけでございましたので、
もう、直りかかっていると思っておりました。
今朝は、妙な声ではございますが、
普通に話ができましたので、
もう、大丈夫だと思います。

今、10時半でございますが、
ステップサンは、まだ、寝ております。

先程まで、学級便りを書いておりました。
毎週、土曜日の授業で何があったのか、
お母様方にご報告をいたしております。
学んだ事、ハプニング、等
書いているうちに、だんだん、楽しくなってしまい、
少し削ったりいたします。


追伸: " 橋を渡る "http://enjoyaustralianeng.seesaa.net/
というブログも書いております。
皆様ご存知の様に、毎日毎日英語に振り回されております。
怠けない様に、投げ出してしまわない様に、
勉強の様子を皆様にご報告する形のブログでございます。
ご興味がございましたら、是非、おいでくださいませ。









posted by 凪子 at 09:31| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
凪子様

いまちょっとした間違いで、違う記事を違うHP(こちらではなくて橋をわたる、のほうにトラバさせていただきたかったのですが。。。)のトラックバックをしてしまいました。

ごめんなさいね。でも、この記事を読んで補習校の先生をされているのかな?と思いましたがあたっていますか?私は今年PTA役員をやってます。

その関係のこともぼちぼち書こうかなと思ってはいますが。。。
Posted by cafe neco at 2009年07月04日 07:40
cafe neco 様、トラックバック拝読いたしました。成程、大人の西洋圏という事で
ございますね。確かに、ここオーストラリアでも、大学は勉学に集中する所とい
うよりも、職業に就く為の具体的な知識やスキルを修得する所になっております。
少し寂しい様な気もいたしますが、現実でございますね。ところで、私は、cafe
neco 様のご推察通り、補習校で教えております。この5月に採用されました、新
人でございます。右往左往しながら過ごしております。
Posted by 凪子 at 2009年07月04日 08:55
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

あなたがアメリカで働けない理由A
Excerpt: ジェネラリスト、オールラウンドプレーヤーがアメリカのコーポレートビジネス文化にマッチしない、という話を前回書きました。 誤解をしないでいただきたいのですが、器用貧乏を美化し、活用できるのは日本の文化..
Weblog: cafe neco
Tracked: 2009-07-04 07:25