2010年07月01日

日本風スイス料理

アルプスの帽子、という
スイス料理のレストランで、
アデレード最後の日のランチをいたしました。
ゆったりとした店内には、
クラシック音楽が緩やかに流れて、
強風にあおられていた外から中に入りますと、
陽射しの和らかく入るテーブルに案内されて、
ほっとするひとときを過ごしてまいりました。
スイス料理について何も知らない私は、
イギリス人のお年を召したウエイターの男性が、
恭しい物腰で説明して下さった、
その日のスペシャル、
魚の料理日本風、をお願いいたしました。
パン粉をつけて揚げた白身のお魚に、
お醤油ベースの少し甘いソースがついてまいりました。
このお醤油ベース、というところが
日本風だったのでございましょうね。
お魚はカラリと揚がっており、
付け合わせの野菜も色よくゆでてあり、
特別に勧めて下さったスイスのポテトも、
とても美味しゅうございました。
このポテトは、代表的なお料理だそうで、
名前を教えていただいたのですが、
思い出せません。
マッチ棒の様に細く切った後、
パンケーキの様に焼いてあり、
表面がカリカリとしております。
その歯ざわりが楽しくて、
主人も私も随分といただきました。



追伸: " 橋を渡る "http://enjoyaustralianeng.seesaa.net/
というブログも書いております。
皆様ご存知の様に、毎日毎日英語に振り回されております。
怠けない様に、投げ出してしまわない様に、
勉強の様子を皆様にご報告する形のブログでございます。
ご興味がございましたら、是非、おいでくださいませ。
posted by 凪子 at 06:44| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

スイス事件簿
Excerpt: 皆さん結構ブログやってんですね。話題も豊富でみんないろいろのことが気になってるんだなぁって感じます。そんなことで私もスイスについて調べてみました。ハミルトン、スイスで免許停止にならず | ルイス・ハ..
Weblog: スイス
Tracked: 2010-07-02 14:13